« ハニートースト | トップページ | また朝、発作 »

2008年2月29日 (金)

発作が起きました

昨日いやもう一昨日ですね。

一昨日の夜から昨日の朝にかけて、同人誌に出す作品に没頭したため、疲労困憊し、夫と娘が休日だったにも拘わらず、昨日の午前中は寝ていました。
正確には寝たり、ウトウトしたりで、あまり眠れませんでした。
それから前の記事でご紹介した喫茶店に行き、そのあと買い物へ。

買い物の最中、胸の圧迫感を覚えたので、ニトロのテープを貼り、買い物を続けました。

その後、日付が今日にかわる頃に、うたた寝していた炬燵で苦しさのあまり目覚めるまでは普通でした。

目覚めたときの状態は、腹部がパンパンに膨れ上がって(実際にそうなるのではなく、あくまでイメージです)心臓も肺も圧し潰されたたような苦しさ。
苦し紛れにニトロのテープをはがそうとしましたが、今はニトロを足さなくてはならないことを思い出し、寝る前に予感がして炬燵の上に出しておいた舌下錠を使いました。

少しは楽になりましたが、おなかが膨れ上がった感じが抜けなかったので、ニトロをもう1錠握り締めてトイレへ。

何も出ず、おなかと胸が苦しいので、ニトロを追加。

もう1錠使うことを考えながら、炬燵に座っているうちにだんだん体の中が涼しくなりました。
涼しさは、胸から頭へと広がり、そのうち、おなかが軽くなり、仰向けに寝ることができるようになりました。それまでは、苦しくて横になれなかったのです。

ニトロを使って半時間以上経過しました。

今はクッションに頭をのせ、横になってこの記事を書いていますが、まだ涼しさは広がっていて、腕を涼しく感じています。あんなにパンパンに感じられていた腹部は、もう何ともなく、存在さえ感じさせません。

もう体のどこにも異常を感じさせるところはなく、体は軽やか、快適さが嬉しく、笑いたくなります。
でも体は引き続きニトロの助けを必要としているように感じられるので、この記事を書き上げたら、もう1枚テープを追加します。

わたしの上半身、テープの貼り跡だらけでかなり痛々しいです。
赤くなったり、青あざのようになったり、もっと古いものは黒ずんだりしています。銭湯には行けませんね。

先生がおっしゃるには、メディトランステープはニトロのテープの中では肌に優しいタイプなのだそうです。
わたしは肌が弱いタイプなので。いえ、正確にいえば、病気になってから肌が弱くなりました。

さあ、気分がよくなったので、テープを追加し、歯を磨き、顔を洗い、肌の手入れをして、お布団にちゃんと寝ましょう。

お休みなさい。

|

« ハニートースト | トップページ | また朝、発作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハニートースト | トップページ | また朝、発作 »