« 12月2日の夕飯(白身魚のイタリア風煮込み、スナップえんどうの和風サラダ) | トップページ | イングマール・ベルイマン監督作品を観る そのⅠ~『処女の泉』 »

2007年12月 5日 (水)

12月4日の夕飯(かきのクリームグラタン)

Pc050209 Pc050206  12月4日の夕飯は、かきのクリームグラタン、いんげんのごまあえ、サニーレタスのサラダ、卵スープでした。

 かきとクリームが、冬の味わいを贅沢に演出してくれるグラタンですよ~。

 ホワイトソースを作らず、生クリームと卵黄でとろみをつける、手間入らずのレシピですので、ぜひご紹介したいと思った1品です。

Pc040161 Pc050201_2  かきのクリームグラタンのレシピを、「週刊 服部幸應のしあわせクッキング第43号」(ディアゴスティーニ・ジャパン)からご紹介します。材料は4人分です。

生がき300g、玉ねぎのみじん切り1/4個分、ほうれんそう1束、にんにく2かけ、生クリーム1カップ、牛乳1/2カップ、卵黄1個分、パセリのみじん切り適量。塩、こしょう、小麦粉、バター、パン粉。

  1. かきは海水程度の濃さの塩水の中でていねいに振り洗いし、ペーパータオルの上にとって水気をふきとる。
  2. ①のかきに塩、こしょう各少々で下味をつけて小麦粉を薄くはたく。バター50gを熱したフライパンでソテーし、両面に軽く焼き色がついたらとり出しておく。
  3. ②のフライパンに玉ねぎを入れ、フライパンに残ったかきの旨味をこそげとるようにして色づくまで炒める。ほうれんそうを加え、にんにく1かけを刺したフォークで炒め合わせる。
  4. 生クリームに牛乳、卵黄を混ぜ、③に加えて、沸騰させないように気をつけながら軽く煮詰める。②のかきを戻し入れて、塩・こしょう各少々で味をととのえる。
  5. 耐熱容器にバター少々を塗ってにんにく1かけの切り口をこすりつけ、④を入れる。パセリを混ぜ合わせたパン粉適量を振りかけ、高温に熱したオーブントースターで表面に焼き色をつける。

Pc050197 Pc040154

 サニーレタスのサラダにかかっているドレッシングも、服部先生のレシピです。

 かにかまと水菜のサラダに使われていたドレッシングですが、他の野菜にも合い、家族も大好きなので、このドレッシングをちょくちょく作ります(こちら)。

 卵スープには、セロリと玉ねぎが入っています。

Pc040146 いんげんのごまあえは、栗原さんのレシピです。これもよく作ります(こちら)。

|

« 12月2日の夕飯(白身魚のイタリア風煮込み、スナップえんどうの和風サラダ) | トップページ | イングマール・ベルイマン監督作品を観る そのⅠ~『処女の泉』 »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/17281388

この記事へのトラックバック一覧です: 12月4日の夕飯(かきのクリームグラタン):

« 12月2日の夕飯(白身魚のイタリア風煮込み、スナップえんどうの和風サラダ) | トップページ | イングマール・ベルイマン監督作品を観る そのⅠ~『処女の泉』 »