« 生活保護引き下げだと? これではもう日本は文化国家とはいえない | トップページ | 12月4日の夕飯(かきのクリームグラタン) »

2007年12月 5日 (水)

12月2日の夕飯(白身魚のイタリア風煮込み、スナップえんどうの和風サラダ)

Pc030136 Pc020107  12月2日の夕飯は、白身魚のイタリア風煮込み、スナップえんどうの和風サラダ、キャベツのミルクスープでした。

○○

●○●

Pc020101 白身魚のイタリア風煮込みのレシピを、 刊 キング37から簡単にご紹介します。材料は4人分です。

  レシピでは、めばるとかれいが使われています。わたしは記事にはし損ないましたが、前々日にかれいの煮つけをしましたし、倹約の意図もあって、タラにしました。

 トマトソースは、タラにも合いますね。お魚のコーナーでは近頃めばるやかれいをよく見かけるので、そのうち、レシピ通りのものにもチャレンジしてみたいと思っています。お魚といかのハーモニーで、ものやわらかな味わいでした。

めばる、かれい(小)各2尾、いか(小)4はい、にんにく1かけ、ホールトマト(水煮缶)、ケーパー大さじ2、白ワイン1/4カップ、バジル適量、エキストラバージンオイル大さじ2。オリーブ油、塩、こしょう。

  1. フライパンにオリーブ油大さじ2とにんにくを入れて火にかけ、香りが出たら、下ごしらえをした魚を加えて両面に焼き色をつける。
  2. ①のフライパンに下ごしらえをしたいかを加え、色が変わったら白ワイン、トマト、ケーパー、水1/2カップを加える。
  3. 煮立ったら中火にして、スプーンなどで魚に煮汁をかけながら10分ほど煮込む。仕上げにバジルの葉4枚をちぎって加え、塩、こしょう各少々で味をととのえ、火をとめてエキストラバージンオリーブ油を振りかける。器に盛り、バジルを振る。

Pc030122 スナップえんどうの和風サラダも服部先生のレシピで、32号からご紹介します。材料は4人分です。

スナップえんどう200g、かまぼこ1/2本、A〔マヨネーズ1/4カップ、すりごま大さじ3、しょうゆ小さじ1、酢大さじ1、塩・こしょう各少々〕

  1. スナップえんどうは筋をとって塩少々を加えた熱湯でゆで、冷水にとって冷まし、水気をきる。かまぼこは棒状に切る。
  2. ボールにAを入れてよく混ぜ合わせ、味をととのえてから①のスナップえんどう、かまぼこを混ぜ、器に盛る。  

|

« 生活保護引き下げだと? これではもう日本は文化国家とはいえない | トップページ | 12月4日の夕飯(かきのクリームグラタン) »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/17281023

この記事へのトラックバック一覧です: 12月2日の夕飯(白身魚のイタリア風煮込み、スナップえんどうの和風サラダ):

« 生活保護引き下げだと? これではもう日本は文化国家とはいえない | トップページ | 12月4日の夕飯(かきのクリームグラタン) »