« 12月11日の夕飯(あじの干物、スナップえんどうのおひたし、せん切りメイクイーンの中華風炒め) | トップページ | 眠い朝 »

2007年12月15日 (土)

また息が(+_+)

また息が(+_+)
午前3時、携帯からです。

また息ができなくなりました。でもメプチンエアーで、何とか息が通るようになりました。まだ不安です、今にも塞がりそうで。

夕食後寝て起き、今日になってからはずっと起きていました。心臓の具合がよかったので、寝るのがもったいなくて童話の続きを考えていたのです。

ふと昨日のように喉に痰が絡んだ感じで、息がしづらくなりました。

普段のわたしの喘息はずっと咳が止まらないタイプのものなのですが、睡眠中急に息ができなくなって、目が覚めたことはこれまでにありました。

起きているときに、そうなりました。痰が喉に詰まるからというより、気道が腫れぼったくって閉じてしまったのかもしれません。

なぜなら、痰はあまりないのに、喉が塞がるのです。落ち着いて鼻と口から息をしようとしますが、喉から下に空気が落ちていかないという感じでした。

気管支拡張剤を使って、空気が通るようになりましたが、まだ少し苦しい。

またさっきのように空気の下らない感じがぶり返せば、いつでも連絡していいことになっている循環器の先生にお電話するか、救急車を呼びます。

たぶん、大丈夫だと思います。では、また。

|

« 12月11日の夕飯(あじの干物、スナップえんどうのおひたし、せん切りメイクイーンの中華風炒め) | トップページ | 眠い朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12月11日の夕飯(あじの干物、スナップえんどうのおひたし、せん切りメイクイーンの中華風炒め) | トップページ | 眠い朝 »