« 一応順調なブログ運営、新作の連載が終る恐怖~「マダムNの創作ノート」から | トップページ | ひとりごと(あれやこれや) »

2007年11月18日 (日)

11月17日の夕飯(じゃがいもと肉だんごのサブジ風、水菜とえのきだけの煮びたし)

Pb180029 Pb170003  11月17日の夕飯は、じゃがいもと肉だんごのサブジ風、水菜とえのきだけの煮びたし、油揚げと豆腐の味噌汁でした。

 じゃがいもと肉だんごのサブジ風に組み合わせるには他のものが和風すぎましたが、和風に向く食材が冷蔵庫で出番を待っていたものですから。。。せめてサブジ風の器を和洋どちらにも使えるお皿にしました。■□

Pb180028_2 じゃがいもと肉だんごのサブジ風は服部先生のレシピで、既に紹介済みです(こちら)。

 このサブジ風、美味しかったので、1ヶ月もしないうちに再登場です。

 前回、肉だんごをまんまるにして少し崩してしまったので、今回は大き目の小判型にしました。

 クミン、コリアンダー、ガラムサマラなど、インド料理に使われる数種のスパイスが奥深い味わいを作り出しますが、肉だんごを焼くサラダ油にまずクミンシードを入れるせいか、サラダ油を沢山使うわりには、どぎつさが感じられません。

 スパイスは一度揃えておけば便利ですけれど、ないときはカレー粉で代用できるのではないでしょうか。 

Pb170005 水菜とえのきだけの煮びたしも服部先生のレシピです。 キング42からご紹介します。材料は4人分です。

水菜1束(350g)、えのきだけ1パック、A〔だし2カップ、砂糖大さじ1、酒大さじ4、しょうゆ大さじ2、塩小さじ2/3〕、塩

  1. 水菜は根元を切り落として4cm長さに切り、塩少々を加えた湯でさっとゆで、冷水にとって水気をしぼる。
  2. えのきだけは石づきを切り落としてさっとゆで、ざるに上げる。
  3. Aを煮立てて①の水菜、②のえのきだけを入れ、火を止めてそのまま冷まし、器に盛る。

Pb170010 油揚げと豆腐の味噌汁。

 寒くなってきたせいでしょうか、この平凡な(?)味噌汁がとても美味しく感じられました。

 野沢菜漬けと味噌汁があれば、わたしは他に何もいらないくらい……。

|

« 一応順調なブログ運営、新作の連載が終る恐怖~「マダムNの創作ノート」から | トップページ | ひとりごと(あれやこれや) »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/17108833

この記事へのトラックバック一覧です: 11月17日の夕飯(じゃがいもと肉だんごのサブジ風、水菜とえのきだけの煮びたし):

« 一応順調なブログ運営、新作の連載が終る恐怖~「マダムNの創作ノート」から | トップページ | ひとりごと(あれやこれや) »