« 玉さま〜! | トップページ | 不健康の効用 »

2007年11月23日 (金)

11月22日の夕飯(クラムチャウダー)

Pb220112_2 Pb220108  11月22日の夕飯は、クラムチャウダー、冷やっこ、明太子、トマトでした。

 家族に大ヒットしたクラムチャウダーは、主菜としての貫禄、充分でした。

 夕飯にはどうしてもごはんがほしい、わたしたち夫婦。冷やっこと貰い物の明太子がテーブルにあるのは、勿論そのごはんのためでした。
○●

Pb220098_2  クラムチャウダーのレシピを、 キング41からご紹介します。材料は4人分です。

 黄色い、さつまいもに見えるものはインカというじゃがいもです。

あさり(殻つき)300g、白ワイン1/2カップ、玉ねぎ1個、にんじん1/2本、じゃがいも1個、さやいんげん10本、ベーコン(薄切り)80g、牛乳1と1/2カップ、生クリーム1と1/2カップ、スープ2カップ、パセリのみじん切り少々、クラッカー適量。塩、こしょう、バター。

  1. あさりは海水程度の塩水で塩を吐かせる。貝をこすり合わせるように洗い、水気を切る。貝をこすり合わせるように洗い、水気をきる。フライパンか鍋に入れてワインを加え、蓋をして酒蒸しにする。
  2. 野菜とベーコンは小さな角切りにし、じゃがいもは水につけてアクを抜いてから水気をきる。鍋にバター30gを入れて全体に脂がまわるまでよく炒める。
  3. ②にスープ、①のあさりの蒸し汁を加え、ゆっくり煮込む。途中アクが出ればすくう。野菜に火が通ってやわらかくなったら、①のあさりを加える。
  4. ③に牛乳を加えて、煮立ちかけたら、生クリームを加えて風味をつけ、火をとめる。最後に、味をみて塩とこしょう各少々で調味する。器に盛ってパセリを振り、好みの量のクラッカーを割ってかける。

Pb220091_3 Pb220080 冷やっこ。プチトマト。

Pb210067_3 Pb210075_4

 向かって右の写真は、前日のデザートだったカリフォルニア産のザクロです。

 子供の頃は、ザクロやイチジクの木がよく庭に植えてあって、わたしもパックリ割れたザクロの実を、「ルビーみたいに綺麗だなあ」と思いながら、食べていました。

 そのなつかしさから買ってみたのですが、これはどう待ってもパックリ割れそうになかったので、ナイフを入れてみたら、すっと切れました。中の感じも、どう見てもわたしが昔見慣れたザクロとは違っていました。

 蜂の巣を連想しました。食べにくそうな気がしたので、粒だけとり出しました。皿の粒は、実の半分からのものです。あちらのザクロは何しろ大きいので、粒といえども全体だと結構あって、3人分のデザートには1個で充分でした。

 種の周りを食べるのですが、汁っ気たっぷりで、如何にも美容によさそうでしたよ。赤い汁は服などにつくととれにくそうなので、ご用心。ナイフを入れたときの汁で、俎板が赤く染まりました。

|

« 玉さま〜! | トップページ | 不健康の効用 »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/17162787

この記事へのトラックバック一覧です: 11月22日の夕飯(クラムチャウダー):

« 玉さま〜! | トップページ | 不健康の効用 »