« 最愛の子にブッダと呼ばれたガブリエラ・ミストラル―その豊潤な詩また神智学との関りについて② | トップページ | 更新のお知らせ »

2007年11月 1日 (木)

10月30日の夕飯(牛丼)

Pa310081 Pa310078_2 10月30日の夕飯は、牛丼、サラダ、しめじとなすの味噌汁でした。

■□

□□■

Pa310075_2 めったに作らない牛丼ですが、家族は大好き。服部先生のレシピで作ってみました。

  レシピを、週刊 服部幸應のしあわクッキングディアスティーニジャパからご紹介します。4人分です。

ご飯4杯分(720g)、牛肩ロース肉320g、玉ねぎ小1個(120g)、しらたき120g、A〔しょうゆ大さじ2、砂糖大さじ2強(20g)、みりん大さじ1強(20g)〕、七味とうがらし少々、サラダ油

  1. 牛肉は食べやすい大きさに切る。玉ねぎはくし形に切る。
  2. しらたきは食べやすい長さに切って、下ゆでしておく。
  3. 鍋にサラダ油大さじ1と1/4を熱して、①の玉ねぎを炒める。透き通ってきたら、牛肉を加えてさっと炒め、湯3/4カップとAを加える。
  4. 沸騰したら②のしらたきを入れ、アクをとりながら味がしみるまで煮る。
  5. どんぶりにご飯を盛って、④をのせ、好みで七味とうがらしを振る。

Pa310070_3 Pa300062_2

 マヨネーズサラダには、スープの使い残し――缶詰の白いんげん豆に、オリーブ、トマト、きゅうり、赤ピーマン、玉ねぎが入っています。

 しめじとなすの味噌汁。

|

« 最愛の子にブッダと呼ばれたガブリエラ・ミストラル―その豊潤な詩また神智学との関りについて② | トップページ | 更新のお知らせ »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/16941848

この記事へのトラックバック一覧です: 10月30日の夕飯(牛丼) :

« 最愛の子にブッダと呼ばれたガブリエラ・ミストラル―その豊潤な詩また神智学との関りについて② | トップページ | 更新のお知らせ »