« バルザックの『動物寓話集』に端を発した、とりとめもないひとりごと | トップページ | 11日3日の夕飯(太刀魚のホイル焼き、いんげんとさやえんどうのおかか炒め) »

2007年11月 4日 (日)

11月1日の夕飯(鶏肉と青菜の卵炒め)

Pb020022 Pb020009  少し前になりますが、
11月1日の夕飯は、鶏肉と青菜の卵炒め、冷やっこ、もやしの味噌汁でした。

△▲

▲▲△

Pb020011 優しい味わいの、鶏肉と青菜の卵炒めのレシピを、週刊 服部幸應のしあわクッキング30ディアスティーニジャパからご紹介します。4人分です。

卵4個、鶏もも肉1枚、青梗菜3株、A〔卵白1/3個、紹興酒または酒・サラダ油各大さじ1、塩小さじ1/2弱、こしょう少々、かたくり粉大さじ1/2、B〔鶏ガラスープ大さじ2(冷たいもの*顆粒の鶏ガラスープの素少々を溶いたものでよい。)、水溶きかたくり粉大さじ1/2(かたくり粉と水各大さじ1/2を合わせる。)〕、揚げ油、サラダ油、塩

  1. 鶏肉は皮を除いて細切りにし、Aをからめて下味をつける。160℃の揚げ油にほぐしながら入れ、表面が白くなるまで火を通し、油を切って冷ます。
  2. 青梗菜は芯のほうを四つ割りにしてから4cm長さに切り、塩少々を入れた熱湯でかためにゆで、ざるに上げて冷ます。
  3. 卵は割りほぐし、Bを加えてよく混ぜ、冷めた①と③を加える。
  4. 中華鍋かフライパンにサラダ油大さじ2~3を入れ、強火で熱して鍋肌になじませる。
  5. ③を④の鍋に一気に流し込み、全体を大きく混ぜながら手早く炒め、卵にふんわりと火が通ったら、器に盛る。

 お財布に優しいのも魅力です。もう一品とも思いましたが、この日は食後に果物をたっぷり食べたかったので、やめました。うちは夕飯が遅いので、普段はあまり食後の果物を食べないのですね。

|

« バルザックの『動物寓話集』に端を発した、とりとめもないひとりごと | トップページ | 11日3日の夕飯(太刀魚のホイル焼き、いんげんとさやえんどうのおかか炒め) »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/16972093

この記事へのトラックバック一覧です: 11月1日の夕飯(鶏肉と青菜の卵炒め):

« バルザックの『動物寓話集』に端を発した、とりとめもないひとりごと | トップページ | 11日3日の夕飯(太刀魚のホイル焼き、いんげんとさやえんどうのおかか炒め) »