« 10月23日の夕飯(キスの干物、いんげんのごまあえ) | トップページ | デパートのイタリア展で買ったもの »

2007年10月25日 (木)

10月24日の夕飯(じゅがいもと肉だんごのサブジ風、野菜のホットサラダみそドレッシング)

Pa250044_2 Pa250029 10月24日の夕飯は、じゅがいもと肉だんごのサブジ風、野菜のホットサラダみそドレッシング、卵のスープでした。

 サブジ風もみそドレッシングも服部先生のレシピです。どちらも家族に大受けしました。

Pa250045 どちらも、週刊 服部幸應しあわクッキング39ディアティーニジャに載っていたレシピで、材料は4人分です。

 じゅがいもと肉だんごのサブジ風からご紹介します。わたしはホットサラダに入れたので、これにはにんじんはいれませんでした。

じゃがいも2個(300g)、にんじん1本(150g)、合いびき肉250g、A〔玉ねぎのみじん切り1/4個分、パン粉3/4カップ、溶き卵1/2個、ターメリック・クミン(粉)各小さじ1/3、塩・こしょう各少々〕、クミンシード小さじ1/2、グリンピース40g、B〔ターメリック小さじ1/3、レッドペーパー少々、コリアンダー・クミン(粉)各小さじ3/4〕、ガラムマサラ小さじ3/4、サラダ油、塩

  1. じゃがいもは皮をむき、四つ割りにしてしばらく水にさらしてから水気をとる。にんじんは皮をむき、2.5cm角に切る。
  2. ボールにひき肉とAを入れ、粘りが出るまでよく混ぜ合わせ、直径2cmくらいのだんごに丸める。
  3. 鍋にサラダ油40mlとクミンシードを入れ、中火にかける。クミンシードのまわりが泡立ちはじめたら②の肉だんごを入れ、色よく焼く。
  4. ③の中に①とグリンピースを加えて炒める。全体に油がまわったらBと塩小さじ1/2強を加え、混ぜ合わせる。水3/4カップを加え、蓋をして15~20分蒸し焼きにする。
  5. ①にガラムマサラを加えて再び蓋をし、じゃがいもに火が通ったら、塩少々で味をととのえて仕上げる。

 これは、前にご紹介したサイト「All aboutのレシピ、トルコ料理肉団子のグリル(キョフティ)を連想させます。

 服部先生の肉だんごは焼いたあとに蒸すので、やわらかい仕上がりです。肉だんごと一緒に蒸したじゃがいもがほくほくと香ばしくて、とても美味しい……。肉だんごを油で揚げずに焼くためか、それほど手間はかかりませんよ。

Pa250030 次に、これもとっても美味しかった野菜のホットサラダみそドレッシングをご紹介します。わたしはカリフラワーは入れませんでした。

ブロッコリー1/2個(50g)、カリフラワー1/2個(50g)、にんじん1本、かぶ2個、小玉ねぎ8個。固形スープ、みそ、酢、砂糖、サラダ油。

  1. ブロッコリーとカリフラワーは小房に分け、にんじんは皮をむいて乱切り、かぶは六つ割りにする。小玉ねぎは皮をむく。
  2. 鍋に5カップの湯を沸かして固形スープを溶かし、①の野菜を入れてかために煮る。ざるに上げて汁気をきり、器に盛る。
  3. みそ大さじ1強(20g)、酢大さじ3、砂糖小さじ2、サラダ油大さじ2を混ぜ合わせてドレッシングを作り、②の野菜にかける。

Pa250036 ホットサラダで野菜を煮たスープをそのまま使い、卵スープにしました。  

|

« 10月23日の夕飯(キスの干物、いんげんのごまあえ) | トップページ | デパートのイタリア展で買ったもの »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/16867300

この記事へのトラックバック一覧です: 10月24日の夕飯(じゅがいもと肉だんごのサブジ風、野菜のホットサラダみそドレッシング):

» 魅力的なトルコの料理について [旅行・宿泊・観光ガイド]
地理的にヨーロッパとアジアのちょうど境目に位置しているトルコ。料理も多種多様で魅力的なものが多いです。トルコ料理は、フランス料理や中華料理と並んで世界三大料理の一つだと言われております。なぜなら、ヨーロッパとアジアの接点の地だったことです。外部文化を巧みに取り入れる風潮があったからこそ、多種多様な食材を使って、多くのトルコ独自の料理が生まれた訳です。日本でも最近ポピュラーな羊肉ですが、その代表的な料理にシシケバブがあ�... [続きを読む]

受信: 2007年11月 2日 (金) 10:21

« 10月23日の夕飯(キスの干物、いんげんのごまあえ) | トップページ | デパートのイタリア展で買ったもの »