« ひとりごと(ようやく痛みがなくなる) | トップページ | 靴下にゃんこ~! »

2007年10月28日 (日)

10月25日の夕飯(舌びらめの煮つけ、お揚げとキヌサヤのいり煮、とうもろこしのカレー風味サラダ)

Pa260036Pa250005_2   (ちょっと前の話になりますが)10月25日の夕飯は、舌びらめの煮つけ、お揚げとキヌサヤのいり煮、とうもろこしのカレー風味サラダ、豆腐とねぎの味噌汁でした。

□■

Pa250002 綺麗な舌びらめを、久しぶりに煮つけにしました。添えたのは、残り汁でさっと煮たわけぎです。

 煮汁は、nonno お料理基本大百科」(集英社、1992年)の中の『カレイの姿煮』の材料を参考にしました。

水カップ1、砂糖大さじ1/2、酒大さじ2、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ2

Pa250013  お揚げとキヌサヤのいり煮は、何だか、なつかしい味わい。参考にしたやりくりおかずと節約献立」(扶桑社、1999年)からレシピをご紹介します。材料は4人分です。

油揚げ(厚みのあるタイプ)2枚、キヌサヤ1袋(150g)、チリメンジャコ20g、A〔水1カップ、しょうゆ大さじ1~1と1/2、七味唐辛子(好みで)適量

  1. 油揚げは包丁の先で3辺に切り込みを入れ、めん棒などを転がして1枚に開き、縦に4等分して細切りにする。キヌサヤは冷水にひたしてパリッとさせ、筋をとる。
  2. 鍋を中火で熱し、油揚げを入れて空いりし、カリッとしたらジャコを混ぜ、キヌサヤを加える。
  3. ②にAを回し入れ、蓋をして3~4分煮、汁がすっかりなくなってキヌサヤに火が通ったら火を止める。好みで七味唐辛子をふる。

 わたしは、普通の油揚げを細切りにして使いました。七味唐辛子もふり忘れましたが、これはなかなかの美味しさで、もう一品というときによさそうです。

Pa260028 とうもろこしのカレー風味サラダは、服部先生のレシピです。週刊 服部しあクッキング24ディアティーニからレシピをご紹介します。材料は4人分です。

粒コーン(缶詰)100g、きゅうり1本、トマト1個、カレー粉少々、レモン汁少々、マヨネーズ、塩、こしょう

  1. 粒コーンは汁気をきっておく。きゅうり、トマトはコーンと同じぐらいの大きさに切る。
  2. マヨネーズ50gにカレー粉で風味をつけて、レモン汁を加え混ぜる。
  3. ボールに①を入れ、塩、こしょう各少々を振って①であえる。器に盛り、飾りにカレー粉少々を振る。 

|

« ひとりごと(ようやく痛みがなくなる) | トップページ | 靴下にゃんこ~! »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/16900656

この記事へのトラックバック一覧です: 10月25日の夕飯(舌びらめの煮つけ、お揚げとキヌサヤのいり煮、とうもろこしのカレー風味サラダ):

« ひとりごと(ようやく痛みがなくなる) | トップページ | 靴下にゃんこ~! »