« 前の記事では、すみません | トップページ | ひとりごと »

2007年8月 1日 (水)

一昨日の夕飯(アボカドのスープ、ミートボールときのこのトマト煮込み

P7310183_2   夏にぴったり、アボカドのスープ!

 

        

 

P7310212_2 P7310201_3   一昨日の夕飯は、ミートボールときのこのトマト煮込み、アボカドのスープ、野菜サラダでした。

 ミートボールときのこの煮込みは服部先生のレシピで、以前にご紹介しました。レシピはこちら

 今回ぜひご紹介したいと思ったのが、アボカドのスープです。

P7310174_3  いや~、美味しかったこと、美味しかったこと!

  といっても、わたしは少し早くアボカドを使ってしまったと思うんです。今しばらく熟しきるのを待つべきでした。

 テレビ番組「ためしてガッテン」で、アボカドには食べ頃というものがあり、時期を間違えるとまずいといっていました。

 へたのまわりに隙間ができたときが、食べ頃だそうです。

 わたしは隙間ができるまで、待てませんでした。案の定、硬い部分がありました。その場合は加熱すればいいそうですが、半分以上熟していたので、予定通り冷たいスープにしてみました。

 硬い部分があったので、その部分を摺ってから裏ごししました。ほのかに瓜に似た香りのする、クリーミーな味わいのスープが出来上がりました。

 参考にした「週刊 服部幸應のしあわせクッキング第19号」(ディアゴスティーニ・ジャパン)の中のレシピをご紹介します。材料は2人分です。

アボカド1個、牛乳1カップ、生クリーム大さじ2、イタリアンパセリ少々。砂糖、塩、こしょう。

  1. アボカドは熟している(皮が黒いもの)を選ぶ。縦半分に切って包丁の角で種を除き、皮をむいて果肉を裏ごしする。
  2. ボールに①、牛乳、生クリームを合わせて混ぜ、砂糖大さじ1、塩、こしょう各少々で味をととのえる。
  3. ②をよく冷やしてから器に盛り、イタリアンパセリを飾る。

 イタリアンパセリがなかったので、わたしはパセリを飾りました。2人分でわが家の3人には足りました。

 雑誌に、アボカドは脂肪が多く、栄養価が高い食材で、森のバターと呼ばれているとありました。「ためしてガッテン」では、その脂肪はオイレン酸という体によい脂肪だといっていました。

 アボカドは、加える調味料によって、いろんな味になるそうです。パンにアボカドをはさんでソースをつければカツサンド。アボカドに酢と塩を加えれば、マヨネーズ。アボカド、牛乳、砂糖で生クリーム。

 「ためしてガッテン」おすすめは、アボバター丼だとか。材料は、ごはん2人分、アボカド1/2個、バター20g、しょうゆ大さじ1、レモン汁1/4個。のり、七味。

 ごはんに切ったアボカドをのせ、バター、しょうゆ、レモン汁を鍋で熱してかけ、のり、七味を散らします。

 アボカドって、魅力的な食材なんですね~。まだわたしはスープを試しただけですが、既にアボカドのクリーミーな美味しさにハマりました。アボカドをいろいろと試してみる今夏になりそう。。。 

|

« 前の記事では、すみません | トップページ | ひとりごと »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/15974112

この記事へのトラックバック一覧です: 一昨日の夕飯(アボカドのスープ、ミートボールときのこのトマト煮込み:

» 沖縄もろみ酢 [沖縄もろみ酢]
沖縄もろみ酢で健康に! [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 22:49

« 前の記事では、すみません | トップページ | ひとりごと »