« 治りました | トップページ | 博多・旅日記②白いソニック~ホテルモントレ ラ・スール福岡 »

2007年5月15日 (火)

昨日の夕飯(ホイコーロー、きゅうりのたたき漬け、エリンギのミルクスープ)

P5150028 昨日の夕飯は、ホイコーロー、冷奴、きゅうりのたたき漬け、エリンギのミルクスープでした。

P5150030 ホイコーローは、 「週刊 服部幸應のしあわせクッキング第16号」(ディアゴスティーニ・ジャパン)を見て作りました。

  以前は味の素のクックドゥの「ホイコーロー」を使って作っていましたが、娘はあまり好きでないように見えました。

 わたしは娘がホイコーローは嫌いなのだと思い込み、作らなくなりました。でも、レシピを見て作りたくなり、作ってみましたら、娘は感激。

「手作りはあっさりしていて、本当に美味しいね~。インスタント独特のどぎつさが全く無くて、全然違うよ」ということでした。

 確かに、インスタントに比べてヘルシーな感じがありました。それでもわたし、クックドゥも好きなんです。

 それに今回のわたしのホイコーローは、肉の扱いが雑でしたし、火力が弱すぎたためか、野菜から水分が出てしまったようです。娘さんよくお聞き。これは失敗作なのよ~。

 服部先生のレシピを、雑誌から簡単にご紹介します。材料は4人分です。

  ホイコーロー

豚バラ薄切り肉300g、キャベツ6枚、ピーマン3個、赤ピーマン1個、A〔ねぎのみじん切り1/3本分、ショウガのみじん切り2かけ分、にんにくのみじん切り1かけ分、豆板醤大さじ1~1と1/2〕、B〔甜面醤大さじ2と1/2、しょうゆ大さじ2、酒大さじ1と1/2、スープ大さじ2、コショウ少々〕、サラダ油、塩、かたくり粉、ごま油

  1. 豚肉は一口大に切り、沸騰した湯に入れて色が変るまでさっとゆで、ざるに上げて湯を切る。
  2. キャベツは大きく手でちぎり、ピーマン、赤ピーマンは一口大に切る。サラダ油適量を熱した中華鍋に入れ、強火でさっといためる。湯1/2カップと塩ひとつまみを加え、蓋をして数秒おき、すぐにざるに揚げて湯を切る。
  3. 中華鍋にサラダ油少々を熱し、①の肉を1枚ずつ鍋肌に広げ入れて両面を焼きつけ、薄く色づいたらとり出して脂を切る。
  4. あいた中華鍋にサラダ油適量を熱してAを香りよく炒め、Bを加えて、煮立ったら水溶きかたくり粉大さじ1でとろみをつける。③の肉を戻し入れてからめるように炒める。
  5. ②の野菜を加えて強火で手早く炒め合わせる。最後にごま油少量をまわし入れて香りづけし、ひと混ぜしてすぐ器に盛る。

P5140003 P5150013

 写真のきゅうりのたたき漬けは、3人分で、きゅうりを2本使いました。さっぱりしていて美味しいので、レシピを次回にでもご紹介したいと思います。

 冷奴には、昨日ご紹介した『キャベツのうまたれ』(くばらコーポレーション)をかけました。

P5140007 エリンギのミルクスープ。鍋に水2カップ、固形スープ1個を入れて火にかけ、切ったエリンギを入れ、牛乳2カップを加えて、塩で味を調えました。

 小林カツ代先生のレシピを参考にして、スープの実をいろいろ変えてよく作るミルクスープです。   

|

« 治りました | トップページ | 博多・旅日記②白いソニック~ホテルモントレ ラ・スール福岡 »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/15077549

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の夕飯(ホイコーロー、きゅうりのたたき漬け、エリンギのミルクスープ):

» レア チーズケーキ レシピのコツは [レア チーズケーキ レシピ]
何回も失敗したレア チーズケーキ…でももう大丈夫です! 私ほど失敗はしていないでしょうから(^_^ [続きを読む]

受信: 2007年5月16日 (水) 03:37

« 治りました | トップページ | 博多・旅日記②白いソニック~ホテルモントレ ラ・スール福岡 »