« カリール・ジブラン『預言者』より、友情について | トップページ | 思い浮かばない新しいブログ名 »

2007年4月26日 (木)

昨日の夕飯(ドイツ風ムニエル、ミネストローネ)

20070425234714 200704252354403_1  昨日の夕飯は、ドイツ風ムニエル、ミネストローネ、小松菜とじゃこのつくだ煮風でした。

200704252352543 200704252352213  こんがり焼き色がついているのは、おろしてシャケにまぶしたじゃがいもです。

 じゃがいものもちもち感が何ともいえません……。 そのもちもちしたものと、ほぐしたシャケの身と、サニーレタスを一緒に食べましたら、不思議な美味しさでした。

 参考にしたやりくりおかずと節約献立」(扶桑社、1999年)の中のレシピを簡単にご紹介します。材料は4人分です。

ドイツ風ムニエル

シャケ(生・一切れ100g)4切れ、A{塩小さじ1/2、コショウ少し}、じゃがいも2個、バター大さじ2、ベーコン(せん切り)2枚、B{水1/2カップ、固形スープ(チキン・くだく)1個、砂糖小さじ1/2、レモン汁大さじ2~3、C{片栗粉小さじ1、水小さじ2}

  1. シャケはAを振って10分ほど置き、水気を拭き取る。じゃがいもは皮をむき、水にさらしたあと、すりおろす。
  2. フライパンにバター、中火にかけ、バターが溶け始めたら、シャケにすりおろしたじゃがいもをまぶしつけて並べる。1~2分後に裏返してさらに焼く。
  3. シャケにほぼ火が通ったら、残りのじゃがいもをスプーンでのせ、再び裏返していもに焼き色をつける。
  4. あいたフライパンをペーパータオルなどで拭き、ベーコンを軽く炒め、Bの材料を加えてひと煮する。Cでとろみをつけて、皿に盛ったムニエルにかける。

200704252354223 20070425222220

 トマトソースを使って作ったミネストローネには、ポーチドエッグを浮かべました。

 ごはんがすすむ、小松菜とじゃこのつくだ煮風。

 

|

« カリール・ジブラン『預言者』より、友情について | トップページ | 思い浮かばない新しいブログ名 »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/14850211

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の夕飯(ドイツ風ムニエル、ミネストローネ):

» 昔とても感動したベルリンの壁の崩壊 [感動を手にいれよう]
ベルリンの壁崩壊(ベルリンのかべほうかい)は、1989年11月9日に突如として東ドイツ政府が、東ドイツ市民に対して旅行の自由化(実際には旅行許可書発行の大幅な規制緩和)を発表した事によって、実質的に意味を持たなくなったベルリンの壁が、東西通行の自由に歓喜した東西ベルリン市民(東ベルリンと西ベルリン)によって、ハンマー、建設機械その他によって粉砕された事件のことです。... [続きを読む]

受信: 2007年4月26日 (木) 18:48

« カリール・ジブラン『預言者』より、友情について | トップページ | 思い浮かばない新しいブログ名 »