« ひとりごと | トップページ | 昨日の夕飯(かじきのハーブパン粉焼き、大根とかまぼこのサラダ) »

2007年4月21日 (土)

携帯から

あそこまでの道のりが遠い。
あの座り心地のよくない椅子に座るのも、しんどい。
昨日循環器科を受診し、そのあと街中に出かけたため、単に疲れているだけ。
循環器科では、いつもは座って看護師さんに血圧を測って貰うところを、昨日は診察台に寝かされ、先生が測定。
数値は落ち着いていて、130―85だった。
タミフルのことや喘息の発作について話した。即効性のある気管支拡張剤メプチンエアーを出して貰ったが、これは頻脈があるわたしには出したくない薬だそうだ。
帰宅してネット検索し、なるほどと思った。
つまるところ、わたしのような持病のある患者は毎日吸入ステロイドを使って発作を予防するのが限られた中での一番の選択なのだ。
ネットで閲覧した専門家のサイトの記事に、普段軽症で、気管支拡張剤を使ったり使わなかったりしている患者の中に、何の前触れもなく、窒息死するケースがあるとあった。テレサ・テンがそうだとか。
たまにわたしは、睡眠中突然息ができなくなり、激しく咳込んで目覚めることがあるけれど、これが喘息の症状らしいともわかった。何かの刺激で気道が急に狭まるのだろう。
わたしの場合、狭心症の発作も睡眠中に起きることがよくあるので、普通の人にとっては平安な休息の時も、わたしには警戒の必要な危険な時間帯ということになる。
先生には睡眠中に狭心症の発作が起きたことも話したが、やはり毎日服用しているへルベッサーがその予防薬という。

|

« ひとりごと | トップページ | 昨日の夕飯(かじきのハーブパン粉焼き、大根とかまぼこのサラダ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとりごと | トップページ | 昨日の夕飯(かじきのハーブパン粉焼き、大根とかまぼこのサラダ) »