« 今日の夢 | トップページ | 風邪 »

2007年3月25日 (日)

昨日の夕飯(鶏肉の鍋照り焼き)

20070325001901 昨日の夕飯は、鶏肉の鍋照り焼き、レタスとりんごとクルミのサラダ、もやしと卵とかまぼこの酢の物、豆腐と油揚げの味噌汁でした。

 鶏肉の鍋照り焼きは、「週刊 服部幸應のしあわせクッキング第1号」(ディアゴスティーニ・ジャパン)の中から同名のレシピを見て作りました。近頃、服部先生にはまりっぱなしです~。

 この鶏肉の照り焼きの作りかたも、わたしには目から鱗……でした。表面が焦げやすく、中まで火が通りにくい鶏肉の照り焼きは苦手でしたが、なるほど、このやりかたですと、手軽でヘルシーで焦げすぎや生焼けの心配がありません。感激しました。

20070325002024 20070325002131  では、雑誌から作りかたを簡単にご紹介します。材料は4人分です。

鶏肉の鍋照り焼き

鶏もも肉2枚、照り焼きのたれ{酒1/4カップ、砂糖大さじ1と1/2、みりん大さじ2、しょうゆ大さじ3~4}

  1. 鶏肉は皮目の数箇所を竹串でつつき、穴をあけておく。
  2. フッ素加工のフライパンを熱し、皮目を下にして鶏肉を入れ、中火で皮にこんがり焼き色がつくまで焼き、裏返す(フッ素加工でない場合はサラダ油少量)。
  3. 両面に焼き色がついたら、余分な油をキッチンペーパーで吸いとる。
  4. 酒1カップを入れて煮立て蓋をして蒸し焼きにし、鶏肉に八分通り火を通す。
  5. 酒がほぼなくなったところにたれを入れて、鶏肉を返しながら煮詰めていき、味をからませる。

20070325002341 20070325002443 20070325002531  上の写真の鶏肉は1枚を半分したものです。

 わたしは昨日は食欲がなく、自分の分を半分以上夫の皿に移したら、さすがに分量が多かったようでした。

 もっと早くこの作りかたを知っていれば、子供たちのお弁当作りにずいぶん役立っただろうな、と思いました。肉を蒸しているあいだに他のことができますし、濃い味のつくこの料理は冷めても美味しいでしょうから。

|

« 今日の夢 | トップページ | 風邪 »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

マダムNさん、こんばんは~。
わぁ~!またまた美味しそうなお料理ですね。
鶏肉の鍋照り焼きって初めて聞きましたけど、美味しそうですね~。
早速母に教えなくては・・・・
ところで、風邪はどうですか?
いくら風邪といっても長引くと辛いですよね。
暖かくしてゆっくり休んでくださいね。

投稿: まる | 2007年3月25日 (日) 21:07

またご心配かけて、ごめんなさい。
まるさんも、お薬の飲み忘れには気をつけてね。

このコメントを見る前にまるさんのブログに行き、向井さんに関する記事を読みました。
可愛いまるさんも、若い女性として、ひとりの人間としていろいろと考えているんだなあと思いました。

投稿: マダムN | 2007年3月26日 (月) 04:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/14378177

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の夕飯(鶏肉の鍋照り焼き):

« 今日の夢 | トップページ | 風邪 »