« 最近の夕飯から(豚細切り肉の香り炒め、油揚げとサツマイモの煮物) | トップページ | 発作のあとで考えたこと②&児童文学作品は準備に熱が入る、パムク氏は477頁 »

2007年3月 6日 (火)

昨日の夕飯(牛こま切れ肉と玉ねぎのトマト煮)

20070305233718 昨日の夕飯は、牛こま切れ肉と玉ねぎのトマト煮、卵とレタスのサラダでした。

 夫に、牛こま切れ肉と苺の買い物を頼んだ昨日でしたが、まあまあの買い物結果でした。

 牛こま切れ肉はオーストラリア産でしたが、たぶん、わたしも同じものを買ったと思います。苺選びに関しては点が辛くて、60点ぐらいかな。2パック頼んでよかったと思いました。

 裏側をよく見るようにアドバイスしたのですが、上のほうが綺麗だったので、安心してしまったようでした。下に並べられた苺がかなり傷んでいるのを見せたら、驚いていました。

 夫に買い物を頼んだお蔭で、だいぶん体調がよくなりました。雛祭りの朝、やや強めの狭心症の発作が起き、それはニトロの舌下でよくなったのですが、その後、眩暈に悩まされ、文字が読みづらくて困っていました。幸い、それもよくなりました。

20070305233425 20070305233326  牛こま切れ肉と玉ねぎのトマト煮は、おうちでシェフ味 おいしい基本のイタリアン」(世界文化社、2004年)の中の同名のレシピを見て作りました。

 これは以前にご紹介したハッシュドビーフビーフストロガノフと似ていますが、牛こま切れ肉と玉ねぎをトマトソースで煮込んだだけの素朴なものでした。

 仕上げに生クリームかバターを落としたくなりましたが、抑え、そのまま食べました。それが正解でした。トマトソースの美味しさがストレートに味わえ、胃もたれすることもない、シンプルなよさを堪能できました。

 今日は、覚えておくと便利なインスタント・トマトソースの作りかたを、同じ本からご紹介しますね。

インスタント・トマトソース

材料(でき上がり約300ml)●ホールトマト(缶詰)500ml、塩小さじ1/3、EX・ヴァージン・オリーブ油大さじ2~3

  1. ホールトマトを握りつぶし、へたを取る。
  2. フライパンにEX・ヴァージン・オリーブ油と1を入れ、フライパンを動かしながら煮立つまでは強火、煮立ったら弱火にして煮込む。
  3. 2が2/3量になったら塩で調味する。

20070305232650  卵とレタスのサラダにかかっているドレッシングは、マヨネーズとプレーンヨーグルトを混ぜたものです。それに、刻んだオリーブの実を散らしました。

|

« 最近の夕飯から(豚細切り肉の香り炒め、油揚げとサツマイモの煮物) | トップページ | 発作のあとで考えたこと②&児童文学作品は準備に熱が入る、パムク氏は477頁 »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/14156000

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の夕飯(牛こま切れ肉と玉ねぎのトマト煮):

« 最近の夕飯から(豚細切り肉の香り炒め、油揚げとサツマイモの煮物) | トップページ | 発作のあとで考えたこと②&児童文学作品は準備に熱が入る、パムク氏は477頁 »