« 「本日の俳句鑑賞」再び③:これまでに紹介した俳句(07.1.1~2.3) | トップページ | 昨日の夕飯(ホタテ貝柱の刺身、ミートボールスープ) »

2007年1月15日 (月)

昨日の夕飯(豚キムチ丼、小松菜のくるみあえ)

20070115002316_1  昨日の夕飯は、豚キムチ丼、小松菜のくるみあえ、豆腐と万能ねぎの味噌汁でした。

 ネットで検索してみると、豚キムチ丼と一口にいっても、様々な作りかたがあると知りました。

 どんなキムチを使うかによっても、違ってくるのでしょうね。わたしが昨日使ったのは、「あっさりキムチ」と書かれたそれほど辛くないキムチでした。白菜も刻んであって、切る必要がありませんでした。

20070115002407  ネットで閲覧させていただいたサイト「しまもとみゆきの欲張りな毎日のレシピを参考にして、我流の豚キムチ丼を作ってみました。

 その我流レシピをご紹介します。正しくは、上記サイトをご訪問くださいね(砂糖の分量が違いますし、コチュジャンが使ってあります。卵は温泉卵です)。

 うちは3人なので、材料は3人分です。

豚キムチ丼
【材料】豚バラ肉300g、キムチ300g、ニンニク・ショウガ各1片、白すりごま大1と1/2、しょうゆ大さじ1と1/2、砂糖小さじ1、ごま油少々

フライパンにサラダ油を熱し、みじん切りにしたニンニクとショウガをいため、香り立ったら、豚肉を入れてよくいためる。豚肉から出た多すぎる油は捨てる。

キムチを入れ、砂糖、しょうゆ、ごまを加え、いためる。仕上げにごま油少々を落とす。

 食べるときに生卵を落としました。写真は娘のもので、彼女の好みで黄身だけ落としましたが、夫とわたしはまるごと落としました。

 健康上の理由もあって、豚バラを使うときはよくいため、多すぎる油を捨てることにしているのですが、これは好みで加減してくださいね。美味しい豚キムチ丼で、家族に大ヒットしました。

20070115001913

 豚キムチ丼に、小松菜のくるみあえはよく合いました。サラダによく使うくるみですが、余ったときの利用法としていいレシピだな、と思いました。

 くるみのこくのせいか、何だか白あえのような味わいでした。閲覧させていただいたサイト「マンマ見~や」様からご紹介します。材料は4人分です。

小松菜のくるみあえ
【材料】小松菜1束、くるみ20g、調味料{砂糖大さじ2、しょうゆ大さじ1、酢大さじ1}塩少々

小松菜は塩ひとつまみ加えた熱湯でサッとゆで、冷水にとって冷ます。水気を絞り4~5cm長さに切る。

フライパンでくるみをから煎りして、すりこぎですりつぶす。調味料を加えて混ぜ、小松菜をあえる。

|

« 「本日の俳句鑑賞」再び③:これまでに紹介した俳句(07.1.1~2.3) | トップページ | 昨日の夕飯(ホタテ貝柱の刺身、ミートボールスープ) »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「本日の俳句鑑賞」再び③:これまでに紹介した俳句(07.1.1~2.3) | トップページ | 昨日の夕飯(ホタテ貝柱の刺身、ミートボールスープ) »