« 昨日の夕飯(鮭ハラスの塩焼き、もやしと卵の酢の物) | トップページ | 昨日の夕飯(あじのハーブ焼き) »

2007年1月24日 (水)

昨日の夕飯(ササミの洋風香り揚げ、ほうれん草のプディング)

20070124001019 昨日の夕飯は、ササミの洋風香り揚げ、ほうれん草のプディング、サニーレタスと赤パブリカのサラダ、ほうれん草のスープでした。

 昨日はササミ、そしてプディングに卵を使いましたので、親子おかずでした。

 昨日は少し具合が悪かったのですが、こんなときには目新しいものにチャレンジすると元気が出るので(もっと具合が悪いと弁当となりますが)、パン粉ではなく、砕いたクラッカーを肉にまぶすレシピにチャレンジしてみました。

20070124001314  作るのが面白くて、簡単に、短時間でできる『ササミの洋風香り揚げは、「やりくりおかずと節約献立」(扶桑社、1999年)の中のレシピを参考にしました。本から簡単にご紹介します。材料は4人分です。

ササミの洋風香り揚げ

材料●鶏ササミ4~5本(約360g)、塩小さじ1/3、コショウ少し、小麦粉適量、溶かしバター大さじ3、クラッカー(バター風味)8枚(60~80g)。

筋をとったササミを開き、塩コショウ、小麦粉をまぶし、溶かしバターにくぐらせる。

クラッカーはポリ袋などに入れ、めん棒などで細かく砕き、ササミにまぶしつける。

電子レンジのオーブン皿にオーブンシートを敷き、ササミの半量ずつドーナツ状に並べて、ラップなしで約4分加熱する(鶏肉100gにつき約2分強の割合で加熱するとよい)。

20070123233336_1 20070123233216

 『ほうれん草のプディング』はnonno お料理基本大百科』(集英社、1992年)の中のレシピです。

 美味しく仕上がりましたが、これはまたの機会にご紹介します。

 プディングにはほうれん草の葉の部分しか使わないので、残りの部分はスープにしました。

20070124002003 20070124001717  昨日のメニューはお財布に優しく、見栄えもしましたけれど、ただ1点だけ、バターの量がわたしには心配でした。

 ササミの洋風香り揚げにも、ほうれん草のプディングにもそれなりに使いましたから。。。

 でも、以前マフィンを作ったときはこんなものではなかったのだから――と、自分を慰めました。と書く側から、またマフィンを作りたくなりました。ティラミスなんかにもチャレンジしてみたいです。

|

« 昨日の夕飯(鮭ハラスの塩焼き、もやしと卵の酢の物) | トップページ | 昨日の夕飯(あじのハーブ焼き) »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨日の夕飯(鮭ハラスの塩焼き、もやしと卵の酢の物) | トップページ | 昨日の夕飯(あじのハーブ焼き) »