« 別府の街をちょっと散歩 | トップページ | グーグルアースに興奮 »

2007年1月21日 (日)

昨日の夕飯(やわらかポーク煮、大根のごま炊き、ゴボウとサツマイモのミルクスープ)&冨士生クリーム

 昨日の夕飯は、やわらかポーク煮、大根のごま炊き、ゴボウとサツマイモのミルクスープでした。

 やわらかポーク煮は、サイト「おかやまコープ」の中の同名のレシピを、大根のごま炊きは栗原はるみさんのもう一度、ごちそうさまがききたくて。 」(文化出版局、1994年)の中の同名のレシピを見て作りました。

20070121000620  やわらかポーク煮のレシピを、サイト「おかやまコープ」から簡単にご紹介します。材料は4人分です。

やわらかポーク煮

豚ロース肉4枚をたたいてのばし、塩コショウをして小麦粉をまぶす。フライパンにサラダ油を熱し、両面焼く。

玉ねぎ1個は輪切りにする。厚手の鍋に玉ねぎの半量を敷き詰め、肉を並べて残りの玉ねぎをのせる。ウスターソース大さじ・ケチャップ各大さじ1、水300cc、スープの素1個を加えてふたをし、強火にかける。

煮立ったら弱火で約40分。ときどき鍋をゆすり、焦げそうなら湯か白ワインを足して煮る。器に盛り、バジルを散らす。

 バジルがなかったので缶詰のグリンピースを加え、黄ピーマンを散らしました。粉チーズをかけたり、生クリームをかけたりしても、美味しいのではないでしょうか。粉チーズをかけた娘は、満足そうに食べていました。

200701202358471  冬にぴったりの、汁まで美味しくて、栄養たっぷりの栗原さんの大根のごま炊きは、以前にもご紹介しましたが、再度簡単にご紹介します。

大根のごま炊き

材料●大根1/2本、煮汁(だし汁2カップ、しょうゆ大さじ3~4、みりん大さじ2、砂糖大さじ1/2~1、酒大さじ1、半ずりのごま1/2カップ)

作りかた
①大根は一口大の乱切り、下ゆでしておく。
②鍋に煮汁の材料を合わて火にかけ、ひと煮立ちしたら、大根、半ずりのごまを加え、落としぶたをして、弱火で煮含める。

20070121000451  ゴボウとサツマイモのミルクスープ。玉ねぎも入っています。

 小ぶりのサツマイモが1個残っていたので使ったのですが、ゴボウとサツマイモの組み合わせはもうひとつかな。

 ゴボウにとってはサツマイモの甘さが余計なものに、サツマイモにとってはゴボウが粗野なものになってしまうような……ミルクスープの中では相性が悪い感じ。。。

 まずいというほどではありませんが、野菜も、せっかくの生クリームも生かせなくて、残念。冷蔵庫の整理ももう少し考えてやらなければ、と自戒しました。

 この場合、サツマイモをはずすか、じゃがいもに替えれば、いいでしょう。サツマイモは甘みを生かして、単独でミルクスープにするのが一番のような気がします。

  野菜をオリーブオイルでいため、固形スープ1個と水でやわらかくなるまで煮、仕上げに塩一つまみと生クリームを加えます。

 ところで、このスープに使用したのは、前にも華麗な味わい――とご紹介した守山乳業の『冨士生クリーム』、80g入りです。

 ときどき行くコーヒーの美味しいカフェに置いてあるので買うようになったのですが、重宝しています。よく行くスーパーに置いてある紙パック入りの生クリームやエバミルクだと、うちでは多すぎて、使い残してしまいがちでした。

 でも、80gの小さな缶ですと、うちにはぴったり。スープやソースに入れたときは、何て美味しいんだろうと思いますし、少しだけ残しておいて、食後のコーヒーに使う楽しみも作れます。 

 これはネット注文できるようですね。80g、160g、380g入りがあって、それぞれ126円、220円、409円とありました。乳脂肪20パーセント。「本商品はホイップクリームにはなりません」と注意書きがあります。 

|

« 別府の街をちょっと散歩 | トップページ | グーグルアースに興奮 »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

マダムNさん、娘さんこんばんは。
(ちょっと娘さんにゴマすってみました。)
今日も素敵なお料理ですね。
いつも、本とか見て作るんですか?
それにしても、レパートリーの数は凄いんでしょうね。ぜひ、マダムNさんのお料理本を出して欲しいくらいです。

投稿: まる | 2007年1月21日 (日) 19:31

まるさん、こんばんは。

まるさんったら、それは褒めすぎでしょ。。。
わたしにまでゴマすって、どうしたのかな~?
娘と一緒にコメント、拝読しました。
やっぱり、ちょっと張り合っているみたいよ。
娘もグリムくんと同類ってこと?

投稿: マダムN | 2007年1月21日 (日) 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 別府の街をちょっと散歩 | トップページ | グーグルアースに興奮 »