« お詫び | トップページ | 昨日の夕飯(卵と長芋のグラタン、いんげんのごまあえ) »

2007年1月 7日 (日)

不愉快な目覚め&便利なお薬手帳

 まだ体調がよくないが、さすがに弁当ばかりというわけにはいかないので、インスタントのカレーを作った。

 サラダを作りたいと思ったが、気力が出ず、カレーのみ。それでも写真を撮りたいと思ったが、忘れていた。

 食器を漬けたまま、どっと寝た。目が覚めると、胸がドキドキしている。痰が絡み、息苦しいので吐くと、血が混じっている。インデラルを単独で用いていた頃によくあったことなので、別に驚かない。

 起きていたほうが楽なので、起きていた。気分がよくなったので、こうしてプログを更新している(これが可愛いブログペット、ウッフのご飯になるのだ)。

 たぶん、心不全の症状が出ているのだろう。前の先生にかかっていた頃によくこんなことがあり、そういわれていた。復習をしておこうと、ネットで調べてみた。

 国立循環器病センター心臓血管内科のホームページによると、心不全とは、病名ではなく、「心臓の働きが不十分な結果、起きた体の状態」をいいます――とある。

 心不全の種類や程度は様々であるようだ。

 起きていると楽だが、しきりに痰が絡み、不愉快。痰は、何か婆臭くて嫌。。。やはり前の先生にかかっていた頃のことだが、この痰に薬を使ったら、痰は確かに出なくなったが、逆にひどく苦しくなった。先生にそういうと、その薬は出なくなったが、あの薬は何だったのだろう?

  今の先生にかかるようになってから、「お薬手帳」を作って貰い、調剤薬局で処方箋と一緒にこの手帳を出し、記入して貰うようになった。が、前の先生のときに出された薬の記録は日記に断片的に残っているだけだ。

 「お薬手帳」は本当に便利。これは、「処方されたお薬の名前や飲む量、回数などの記録(薬歴)」で、思いの他役立つものだ。調剤薬局などでただで作って貰えるが、薬の記入にはいくらか料金がかかる。

 まだ残っている正月疲れと、急な冷え込みが応えたのだろう。……何だか正月が終ったみたいなことをわたしはしきりに書いてしまっているが、11日の鏡開きまでにはまだ間があるではないか。。。

 ああ、しんど。小説を書いているわけでもないのにしんどいのは、嫌だな。などと書くのは贅沢だ。体の中で働いてくれている心臓に感謝し、しばらくはなるべく負担をかけないように生活しなくては。

 今日は買い物に行かなくてはならないが、つくづく嫌だ。着膨れして行こうと思うが、そうすると服の重みで疲れは増す。来月はわたしの誕生日。49歳になるのか……(絶句)。

 母は8月生まれだったが、49歳の誕生日が来る2ケ月前くらいに死んだ。わたしはもう誕生日までとうに2ケ月切ったぞ。ザマーミロ。

|

« お詫び | トップページ | 昨日の夕飯(卵と長芋のグラタン、いんげんのごまあえ) »

健康 №2(体調) 」カテゴリの記事

健康 №5(お役立ち情報etc)」カテゴリの記事