« 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第74回 | トップページ | 昨日の夕飯(豚肉のしょうが焼き、キャベツとりんごとクルミのサラダ) »

2006年12月12日 (火)

2回目のシフォンケーキ

20061212052052 200612120521011  2回目のシフォンケーキ。

 何だか、すごく緊張しました。というのも、娘がシフォンを作ったとき、型から出すまでは完璧に見えていたのに、出してみたら、ボロボロだったから。

 ポロポロの原因はよくわかりませんが、焼きすぎであったことは確かです。食感が、パサついていて、シフォンらしいしっとり感に欠けました。

 それとは逆に、わたしが1回目に作ったシフォンはしっとりしすぎていて、生焼けに近い部分があったと思います。何より、焼け具合が心配でした。

20061212072709 20061212072848  で、今回、その焼け具合はと言いますと、幸運にもサイコー!と言いたいくらいの出来でした。

 ふわふわで、ほどよくしっとりとしていました。生焼けを感じさせる部分はありませんでした。

 写真の色合いが違いますね。膨らみすぎて、天地逆にして置いたときにやや右か左かが浮きました……。型から出すのは、まだちょっと乱暴だったかな。次回はもっと時間を置いてから、丁寧に出そうと思います。

20061212083131 20061212083205

 ナイフを入れてみると、所々に小さな穴がありましたけれど、幸い目立つほどのものはありませんでした。

 シフォンはそのままで食べるのが一番だという気がしますが、生クリームがあったので、わたしは生クリームを添えて食べました。

2006121208051020061212084216 娘には、生クリームでお化粧して(ちょっと雑ですね)、はちみつに浸した胡桃をのせました。娘にはヒットしました。

 でも、シフォンには、ゆるい生クリームのほうが合うそうです。あとでネットで見て、知りました。シフォンの優しい味わいには、そのほうがいいでしょうね。

  今回も、下井桂子著『シフォンケーキ 21のバリエーション(文化出版局、1996年)を見て作りましたが、ネットで閲覧したレシピに、牛乳を使わず、水で作ったシフォンを見つけ、それを参考にしてみました。

 牛乳をほんの少しにし、ほとんど水で作りましたが、そのほうが味わいが繊細になるような気がしました。前回、牛乳だけで作ったときは、カステラのような味になりました。

 焼くときは、下に網を敷きました。そして充分予熱してから焼いたら、よく焼けました。

 今年中に、3回目のシフォンを焼きたいと思っています。また緊張して、ドキドキするのでしょうね。本当にシフォンに対するわたしの気持ちは、恋に似ています……!   

|

« 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第74回 | トップページ | 昨日の夕飯(豚肉のしょうが焼き、キャベツとりんごとクルミのサラダ) »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

マダムNさん、こんばんは~
わぁぁぁ~!美味しそう~! (^-^ )
いいなぁ~マダムNさんの娘さんが羨ましいよぉ~。
と~っても綺麗に出来てますね。
私はゴマペーストを塗って食べたいなぁ~

投稿: まる | 2006年12月12日 (火) 20:27

ゴマペースト…。考えつかなかったなあ。。。
出来上がったシフォンね、娘とふたりでむさぼり食べたら、気持ちが悪くなっちゃった。
軽いのでつい沢山食べたけれど、容量をちょっとでも超えたら、駄目なのね。
まるさんが遊びにきてくれていたら、ゴマペーストたっぷり塗って、おもてなししましたよ。

投稿: マダムN | 2006年12月13日 (水) 08:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第74回 | トップページ | 昨日の夕飯(豚肉のしょうが焼き、キャベツとりんごとクルミのサラダ) »