« 「本日の俳句鑑賞」再び①:これまでに紹介した俳句(06.9.20~11.6) | トップページ | 『返り咲いた薔薇』は構築した序を点検中、パムク氏は165頁&お詫び »

2006年11月 8日 (水)

昨日の夕飯(バルサミコ酢を使った鶏胸肉料理、小えびとブロッコリーの料理)

20061107235756 昨日の夕飯は、おうちでシェフ味 おいしい基本のイタリアン」(世界文化社、2004年)の中の『鶏胸肉のソテー、バルサミコソース』『小えびとブロッコリーのカラブリア風』を参考に作った、鶏胸肉料理及び小えびとブロッコリーの料理、そして我流の鯛のアラを使ったスープでした。

 本で『鶏胸肉のソテー、バルサミコソース』を見たとき、わぁこんなにバルサミコ酢を使うの? 甘すぎたり、酸っぱすぎたりしないのかしら……と心配になりましたが、勿論杞憂でした。
20061108000002  この料理には、惜しみなくバルサミコ酢を使ったほうがいい気がします。芳醇なバルサミコ酢がバターの助けを得て、ちょっと夢みるような味わいをもたらしてくれます。豪華な気分にしてくれるので、クリスマスなんかにもいいと思いました。

 それにしても、同じ胸肉を使っていながら、本の写真とは随分違います。正しくは、本を見てくださいね~。

 もっと肉を叩いてぺったんこにすべきだったかな(そう書いてあるのです)。でも、なかなかぺったんこになりませんでした。結果、切れ目を深々と入れ、よく焼くことになってしまいましたけれど。

 でも、娘が、表はこんがり、中は柔らかでとっても美味しい、ソースもよく染みているといってくれました。夫にもヒット。近頃ヒット続きよ、いいのかしらん。

 本から、簡単に作りかたをご紹介します。

 2人分で鶏胸肉240gの皮を除き、叩いて6~8mm厚さにのばす。片面に塩コショウ、薄力粉を薄くまぶし、サラダ油とバターで片面を5分どおり焼いてひっくり返す。

 白ワイン大さじ2を注ぎ、いっきに蒸発させて、バルサミコ酢100mlを加える。肉にバルサミコ酢がなじんだら、肉だけ取り出し、皿に移す。

 残ったソースを煮つめ、バター大さじ2を加え、フライパンをゆすって乳化させ、最後にバルサミコ酢少量を加えて香り立たせて、これをソースとしてかける。

20061108000150  『小えびとブロッコリーのカラブリア風』を参考に作ったこの一品も、上品な味で、美味しかったです。

 とうがらしをかなり使うので、これも心配になりましたが、薄味のこの料理をうまく引き締めていました。

 また作りかたを、本から簡単にご紹介します。詳しくは、本をご覧になってください。

 2人分120gのむきえびとブロッコリー100gを塩を入れた湯で下ゆでする。オリーブ油で、つぶしたにんにく2片と種を除いた赤とうがらし4本を弱火で熱し、香りが出るまで炒める。

 ブロッコリーを入れて中火で炒め、ブイヨンまたは湯80~100gを入れ、むきえびを加える。ふたをして中火で2分ほど煮る。

20061108000553_1  一昨日、使った鯛の切り身でしたが、アラが残っていました。鯛のうしお汁を作ろうかなとも思いましたが、夫が魚の吸い物は好きでなく、今回のイタリアンにはさすがに合わない気がしました。

 かといって捨てるのはもったいないので、トマトやカレー粉を使ってブイヤベース風にしてみました。ほかに捨てるのがもったいないブロッコリーの茎も、皮を除いて入れました。

 アラは下ゆでして、炒めておきました。みじん切りにしたにんにく、たまねぎ、セロリを炒め、トマトを入れてさらに炒め、アラ、白ワイン、カレー粉、月桂樹の葉、水、固形スープの素でしばらく煮、にんじん、ブロッコリーの茎、じゃがいもを加えてさらに煮ました。

 うーん、充分な白身も、貝も、えびもないそれ風は、ちとさびしい……。アラだけで作ったことを考えれば、まあまあともいえました。

|

« 「本日の俳句鑑賞」再び①:これまでに紹介した俳句(06.9.20~11.6) | トップページ | 『返り咲いた薔薇』は構築した序を点検中、パムク氏は165頁&お詫び »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「本日の俳句鑑賞」再び①:これまでに紹介した俳句(06.9.20~11.6) | トップページ | 『返り咲いた薔薇』は構築した序を点検中、パムク氏は165頁&お詫び »