« トルコの作家パムク氏にノーベル文学賞 | トップページ | 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第66回 »

2006年10月14日 (土)

昨日の夕飯(ブリと大根のスープ煮)

20061014000447  昨日の夕飯から、『ブリと大根のスープ煮』と『じゃがいものカマンベールチーズ炒め』をアップしました。

 『ブリと大根のスープ煮』は、『nonno お料理基本大百科』(集英社、1992年)を見て、作りました。かいつまんで、ご紹介します。詳しくは、本をご覧ください。材料は4人分です。

 ブリの切り身4切れに塩・コショウ、白ワインを振り、15分置く。ザルに移し、熱湯をかけて、余分な脂肪と臭みを抜く。

 ブリと大根小1本分を鍋に入れ、水カップ4、ローリエ1枚を加えて強火にかける。アクは丁寧に取り除く。

 ブリの色が変ったら、固形スープの素2個とカレー粉小さじ1と1/2を加え、弱火で30~40分煮込む。塩・コショウで味を調える。

 本では、大根はくり抜き器で丸くくり抜いてあり、材料にブロッコリーが加えられています。丸くくり抜いたら、可愛いだろうなと思いましたが、面倒で……。四角いと、いかつい大根たちにブリが抱擁されているという感じですよね。

 でも、大根はとろけんばかりに柔らかですし、ブリの臭みもなく、美味しい魚料理でした。

20061014000050_1  『じゃがいものカマンベールチーズ炒め』は『ポテト食べたい』(集英社、1996年)を見て作った一品。

 いつもは夫の酒肴になるカマンベールチーズですが(彼が一番好きなのは青かびチーズ)、玉葱、じゃがいもと一緒に炒めました。ポテト好きのわたしには、こたえられないじゃがいも料理です。 

|

« トルコの作家パムク氏にノーベル文学賞 | トップページ | 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第66回 »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トルコの作家パムク氏にノーベル文学賞 | トップページ | 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第66回 »