« 昨日の夕飯(鮭のみそバター焼き) | トップページ | 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第67回 »

2006年10月20日 (金)

昨日の夕飯(チーズリゾット)&デパートの「イタリア展」で

20061019195610 20061019194303  
 デパートの「イタリア展」での収穫物です。実は、これだけではありませんで、ケーキと生ハムの切り落としも買いました。

 そして。。。

20061019182804  こんなものを食べたりもし、中性脂肪の数値をあげました(たぶん)。娘と一緒だと、数々の誘惑に晒されてしまいましてね(と人のせいにする)。

 「東京日本橋アルポンテ」のジェラート。3種類選べて、これはゴルゴンゾーラ、ティラミス、バニラの組み合わせ。

P1000035_sh01

P1000034_sh01 P1000036_sh01_1  そして、収穫物は、たちまちこのような姿となりました。

 ワインは、甘口の白で、ヴィン・サント・デル・キャンティ・クラシコ(1999年)。

 わたしは10年ぐらい前に肝機能が低下したことがあり(飲酒によるものではありません、念のため)、以来、お酒はほとんど飲みませんが(今は肝臓は元気で、別にドクターストップがかかっているわけではありません)、クリスマスと家族の誕生日のみ例外としてきました。

 この市に引っ越してきてからはデパートに近いとあって、ドイツ展、フランス展、イタリア展のときを例外とするようになりました。でも、わたしはせいぜい写真の小さなグラスに1~2杯。娘もあまり飲まないので、ほとんど夫が飲みます。

 このキャンティ・クラシコ、わたしの好みからすればちょっと甘すぎるけれど、有無をいわせず人を魅了してしまう味わいの小気味よさがあり、試飲した段階で惚れ込んでしまいました。娘も同意見、夫にもヒット。幸福の1杯でした。

20061019202527  夫の好物、ゴルゴンゾーラピカンテ。青かびびっしり。わたしもかなり好きです。

 羊のチーズを試食したのですが、独特の味わいがありますね。山羊は前に試食したことがありましたが、これもまた。

 山羊はわたしの子供の頃は、田舎では結構飼われていました。一度だけ、山羊のお乳を飲んだことがあります。鮮明に記憶に残っています。結構生臭くて、ほんのり甘く、牛乳に比べたら水っぽい感じがするのですが、不思議な安心感を与えてくれる味わいでした。

 出産後に自分のお乳を味見して気づきましたが、山羊のお乳は人間のお乳に味わいが似ています。だから、安心感を覚えたのでしょうか。山羊のお乳は牛乳よりも消化がいいともいいますね。羊のお乳は、どんなかしら。チーズからはうまく想像できませんでした。

 オリーブとトマトのピクルスは、いけます。わたしと娘はリゾットでおなかがいっぱいになり、ピザまでは入りませんでしたが、海鮮ピザを食べた夫は美味しいといっていました。残る2つはきのこのピザとチーズのピザです。

 収穫物のうち、緑色のキャップのものはドロゲリア社のミニエラフィーノ(岩塩細粒)です。20061019235005_1 20061019235018

 『nonno お料理基本大百科』(集英社、1992年)の中にある「イタリアンチーズリゾット」を作りたかったので、生ハムの切り落としを買いました。切り落としでも、わが家の家計からすれば、ちょっと贅沢でしたが……。

 ちょっと燻製っぽい感じが、いい味を出しました。ただパルメザンチーズは塊のものが見つけられず、パルメザンの粉チーズを使いました。塊をすりおろして入れれば、香りが違ったでしょうね。でもまあ、これはこれで、「まさにリゾットだね」と娘が誉めてくれました。

 チーズリゾットの作りかたを本から簡単にご紹介します。詳しくは、本をご覧ください。材料は4人分です。米は洗わないほうがいいと書かれています(洗うとすればさっと。わたしはさっと洗いました)。

  1. 湯カップ4、固形スープの素2個・薄切りにした玉ねぎ・にんじん・セロリ各少々、ローリエ1枚を鍋に入れ、煮立ってて弱火にし、15分。こす。
  2. 厚手の鍋にバター大さじ1を落とし、千切りにした生ハム2枚とみじん切りにした玉ねぎ1/4を中火で炒め、米を加えて透き通ってパラパラになるまで炒める。
  3. 白ワイン大さじ2、①のスープを加えながら、20分ほど煮る。米が、芯がなく、やや硬めに煮えたら火を止め、バター大さじ3とすりおろしたパルメザンチーズ50gを加える。

20061020002501  トマトサラダには、みじん切りにした玉ねぎとパセリがかかっています。ドレッシングの材料は、ワインビネガー、サラダ油、塩、砂糖です。

 イタリア展での散財はわが家の場合、他の日で取り戻さなくてはなりませんが、こんなとき旬の秋刀魚ほどありがたいものはありません。誘惑の多いイタリア展から地下へ逃れ、3尾200円の秋刀魚を即座に買いました。

 その次の日は豚肉のキムチ炒めをしようと、その材料も買いました。このメニューも財布には優しい。 

|

« 昨日の夕飯(鮭のみそバター焼き) | トップページ | 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第67回 »

クッキング 」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨日の夕飯(鮭のみそバター焼き) | トップページ | 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第67回 »