« 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第58回 | トップページ | あけぼの―邪馬台国物語―連載第59回 »

2006年9月23日 (土)

舌下錠の威力

 ニトロのテープを貼ってももう一つで、胸から背中にかけての痛いような重いような感じが耐えがたくなったので、舌下錠を使用しました。

 痛いような重いような感じは、完全にとれました。もっと早く使用すればよかったと思いました。

 インデラルとヘルベッサーは先生の指示通りに服用していればいいのですが、ニトロのテープと舌下錠をいつ使用するかについてはわたしの判断に任されているので、自分が指示を下さなくてはなりません。

 上手な指示が下せるようになるには、まだまだ経験が必要なようです。

|

« 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第58回 | トップページ | あけぼの―邪馬台国物語―連載第59回 »

健康 №2(体調) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第58回 | トップページ | あけぼの―邪馬台国物語―連載第59回 »