« 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第53回 | トップページ | 昨日の夕飯&カフェで&子ぎつねヘレン »

2006年9月12日 (火)

難問

200609122009091 200609122009471  ニトロのペンダントが届きました。

 ニトロ舌下錠の保管上の注意書きには、「必ずアルミ包装のまま、携帯・保管してください」とあります。

 こういったロケット型にニトロを入れる場合は、アルミ包装を折り畳んで取り出しやすい形にして使うようです。

 で、そのようにしてみましたが、向かって右側の写真にあるように、相当に折り畳まないと、途中で引っかかったりして出てこない懼れがあることがわかりました。

 保管上の注意書きに「アルミ包装が破れたり、シワシワになった場合は、新しいものを使用してください。」ともあるのですが、どう見ても、シワシワ。

 アルミ包装を折り曲げず、そのまま3錠も入れられる平べったい型のペンダントもネットで見つけたものの、実際はどうかわかりませんが、あまり丈夫そうに見えませんでした。

 肌身離さず身につけるのであれば、丈夫で、水にも汗にも強いと明記されているものがいいと思ったのです。 

 もっと値が張る、装飾をほどこしたお洒落なもので、ロケット型のも平べったい型のも見つけましたが、やはり難点は防水性で、「貴金属の特性から防水性を持たせる事が難しいため」防水性はないとあり、躊躇しました。

  まあ、アルミ包装はシワシワになってしまったけれど、中身は潰れていないので、とりあえず購入したペンダントを使ってみることにし、首から下げました。

 変な感じ……。これを服の外に出して使う勇気はありません。娘も、「運動会で先生がぶら下げている笛に見えるよ」といいます。

 それに、こんなごっついペンダントを服の下からでもつけていると、お洒落をしたいという気分自体が損なわれる気がします。

 いやいや、命綱にお洒落まで求めようとするわたしが愚かなのでしょう、きっと。

|

« 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第53回 | トップページ | 昨日の夕飯&カフェで&子ぎつねヘレン »

健康 №5(お役立ち情報etc)」カテゴリの記事