« くそっ出ない! | トップページ | 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第62回 »

2006年9月27日 (水)

昨日の夕飯(肉だんごとキャベツの煮もの、かぼちゃのシナモンソテー)

20060926235517 昨日の夕飯は、江戸崎愛さんの本にあった「肉だんごとキャベツの煮もの」、トマトのサラダ、『かぼちゃ大好き』(集英社)という本にあった「かぼちゃのシナモンソテー」、オニザキのごまスープでした。

 ソテーに黒皮かぼちゃを使ったのですが、固いこと固いこと。こんなに固い黒皮かぼちゃは初めてでした。包丁が刃こぼれしそうだったので、レンジで柔らかくしてから切りました。

20060926215816_1  バターとサラダ油をフライパンに熱してかぼちゃをソテーし、砂糖とシナモンをからめます。これにさらに、オーブンでカリッと焼いたアーモンドスライスを からめて出来上がりです。

 甘みの少ない黒皮かぼちゃでソテーというのはどんなものかしら、と思ったのですが、上品な甘さに仕上がり、家族には好評でした。デザートになります。

20060926233707  マヨネーズに生クリームと白ワインを混ぜたドレッシング、うちではよく作るのですが、トマトの甘みと生クリームの風味で、これもちょっとデザートみたい。 

かぼちゃとの格闘で力を使い果たし、スープを作る気力がありませんでした。安くなったときに買い溜めしておいたオニザキのごまスープは、重宝します。せめてもと、小口切りした万能葱を散らしました。

20060926235008 昨日の夕飯のメインだったこれは、肉だんごというより、和風ハンバーグといった感じです。

 前の日に買い物に行ったとき、ぼうっとして、家にまるまるキャベツ1個と卵が1パック近くあったのを忘れ、買い足してしまいました。

 昨日休日だった娘とお昼に両目焼きにして食べ、一気に卵を4個減らしましたが、キャベツを減らすには煮込むのが一番と思い、メニューを洋風のハンバーグから肉だんごに変更して一緒に煮ました。

 この「肉だんごとキャベツの煮もの」を本からご紹介します。

☆材料(4人分)
 {豚挽肉400g、葱1本、しょうが汁少々、卵1個、かたくり粉大さじ2、塩小さじ1/3、酒、ごま油各大さじ1/2} キャベツ小1個、サラダ油大さじ3、固形スープ1個、しょうゆ大さじ4、酒大さじ3、砂糖大さじ1と1/2、塩少々、かたくり粉大さじ1

①{ の材料で肉だんごの種を作る。葱はみじん切りにして加えておく。
②①の肉だんごの種を四等分して小判型にまとめ、かたくり粉を倍量の水で溶いて全体にまぶしつける。
③鍋を熱してサラダ油大さじ1をなじませ、②を両面焼いて皿にとる。
④キャベツは5センチ角に切り、③の鍋にサラダ油を熱して炒める。
⑤④がしんなりしたら、肉だんごを戻し、水1と1/2カップ、固形スープ、しょうゆ、酒、砂糖を加えて弱火で1時間煮る。仕上げに塩を加えて味をととのえる。 

|

« くそっ出ない! | トップページ | 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第62回 »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« くそっ出ない! | トップページ | 「あけぼの―邪馬台国物語―」連載第62回 »