« 自作俳句「熟るる歓び」 | トップページ | 昨日の夕飯&小森陽一著『村上春樹論』 »

2006年8月23日 (水)

昨日の夕飯&息子の帰省

20060822232507_1  昨日の夕飯は、ウナギでした。

 息子が明日から月末まで帰ってくるといいます。食欲旺盛な息子が一人加われば、買い物は買い出し、料理は炊き出し、といった感じになります。

 たまに帰ってくる息子に、病人めいた姿は晒したくありません。しゃきっとしなくちゃ、しゃきっと。

 明日は、何を作りましょうか。

 息子は肉団子が大好きなので肉団子、あるいは大皿に大盛りにした冷やし中華そばを皆で食べ競うのもいいかもしれません。ちなみに、このとき、自分のぶんはあらかじめ少し取り分けておきます。

 まごまごしているうちに食い散らされて、わたしのぶんは残飯に見えるものが皿にへばりついているだけ……という有様になるのが落ちだから。

 この「冷やし中華そば」は昔買った『毎日の基本おかず400選』(主婦の友社)に載っていたものなのですが、家族だけでなく、夫の友人にも好評でした。とくにたれがいいようです。

 本から、作りかたをご紹介しましょう。材料は4人前です。

●材料●
中華そば4玉 豚肉赤身100g 高菜漬け100g ピーマン3個 ハム3枚 卵1個 
たれ{だし、または水大さじ4 ごま油大さじ1 塩小さじ3分の1} 辣油

●作りかた●
①中華そばはたっぷりの湯でゆで、水にとってさまし、ざるに上げて水けをきったら、サラダオイル大さじ2を振りかける。
②豚肉は千切りにし、しょうゆ、酒各大さじ1ずつ振り、下味をつける。
③高菜漬け、ピーマンも千切りにする。
④なべに油大さじ1を熱し、ピーマンを入れて塩、水少々振りかけ、手早くいためてとり出し、油大さじ1を足し、豚肉を入れ、火が通るまでいためてとり出す。さらに油大さじ1を足し、高菜漬けをいため、しょうゆ、砂糖、酢各小さじ1を加えていためる。
⑤卵は薄く焼き、ハムとともにせん切り。
⑥器に①を盛り、④の具、⑤をいろどりよくのせ、たれと辣油をかけていただく。

 わが家の場合は、中華そばは倍、具とたれは2~3倍作らないと足りません。 

|

« 自作俳句「熟るる歓び」 | トップページ | 昨日の夕飯&小森陽一著『村上春樹論』 »

クッキング 」カテゴリの記事

家庭での出来事」カテゴリの記事

息子関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自作俳句「熟るる歓び」 | トップページ | 昨日の夕飯&小森陽一著『村上春樹論』 »