★当サイトで紹介した作家、思想家一覧

flag 冒頭にくるように設定しています。

search ごく軽く触れたにすぎない人物から評論を試みた人物まで、
ピックアップしています(敬称略)。
番号は初出順です。
続きを読むから日付をクリックしてください、該当する記事に飛びます。

» 続きを読む

|

2016年8月28日 (日)

薬に関する、気になる検索ワード

アクセス解析を見たら、気になる検索ワードが時々あります。

昨日の検索ワードの中にもありました。「アマゾンでヘルベッサーを買うには」という検索ワードです。

ジルチアゼム(商品名ヘルベッサー)はわたしの知る限りでは、カルシウム拮抗薬と呼ばれる種類の薬で、高血圧・狭心症治療薬です。ざっと検索してみたところでは、他の用途というのは見つけられませんでした。

副作用のあるヘルベッサーを自分で買って自己流に服用する人というのを想像すると、恐ろしくなります。

プロプラノロール(商品名インデラル)を、わたしは放置すれば脈拍数140くらいになる洞性頻脈の改善に処方されていますが、心拍数の増加を抑える作用があがり症の改善に用いられることもあるようです。

「インデラル 個人輸入」といった検索ワードが一時よくありました。

インデラルにしても、ヘルベッサーにしても、こうした薬はお医者さんに処方して貰うべき薬ではないでしょうか?

わたしは専門的なことはわかりません。

インデラルで話をすると、心臓疾患の患者としてβ遮断薬であるインデラルを長年使ってきて思うことは、この薬には助けられてきたにせよ、使わずに済めばどんなにいいだろうということです。ヘルベッサーも使わずに済めば、それにこしたことはありません。

喘息も、冠攣縮性狭心症も、インデラルの副作用かもしれないといわれています。こうした疾患が加わったところへ心臓弁膜症が見つかり、心房細動も起きるようになって、薬が増えるばかり。

スポーツが好きだったのに、体力がなくなり、外出にも不自由する日々です。

インデラルの重大な副作用に心不全があります。また脳内に入りやすくて悪夢を見やすくなるとも聞きます。

お医者さんの診察を受けてみなければ、インデラルやヘルベッサーが症状を改善するかどうかは素人にはわかりません。仮に症状を改善したとしても、別のもっと適した薬が処方されることもあるでしょうし、素人判断はとても危険なことではないかとわたしには思えます。

わたしもインデラルを服用するに当たっては24時間ホルター心電図、胸部レントゲンなどの検査を受けました。その結果、洞性頻脈が繰り返し起こっており、頻脈のために心臓も大きくなっていることがわかったため(鬱血性心不全といわれました)、インデラルで心拍数を抑えることになったのでした。

インデラルは鬱血性心不全を改善してくれましたが、逆に鬱血性心不全を惹き起こすこともあるから注意が必要だとお医者さんにいわれました。

循環器系の薬にはこうした副作用が起きることが珍しくないので、要注意ではないでしょうか。

あがり症といえば、あがり症ではありませんが、わたしは中学、高校のころに心因性頻尿(強迫性障害)――と今はいうようですね――に悩まされました。

授業が始まって10分もしないうちにトイレばかりが気になるようになり、学力が低下しました。程度がひどければ登校拒否になることもあると専門のサイトにありました。わたしはそのレベルだったと思います。毎日そうしたぎりぎりのところで、結果的には皆勤賞モノで通学しました。

そうなるまでトイレは近い方ではなく、朝登校して昼休みまで排尿に行かずに済んだくらいでした。それが災いし、ある日、「どうしようかな。トイレに行きたいけれど、まあいいや。面倒臭いから次の休み時間に行こう」とトイレを先延ばししたところ、授業中に催し、仕方なく挙手してトイレの許可を貰い、行きました。

それがひどく恥ずかしくて、それからトイレが気になるようになり、次第に絶えず気にかかるようになっただけでなく、絶えず尿意を覚えるようにもなりました。

短期間、精神科のクリニックに通って精神安定剤を試しましたが、全く効きませんでした。効かないのに、その薬に依存するようになりました。

当時は、病院ではこうした症状には極力薬を出さない方針だったようです。しかし薬局では何とか買え、お小遣いで買ったりしていました。そのうち、これではいけないと思い、薬を断つことにしました。

運動部に入り、また猛烈に読書をしました。治らない心因性頻尿と相まって成績はますます下がりましたが、結果的に国語力だけはつき、いつしかそれが作家志望となって、よくも悪くも人生を変えました。

大学生になると、トイレが気にならなくなりました。高校までとは授業の雰囲気が違い、トイレへ行きたければそっと抜け出ることも可能だったことから気にならなくなったのです。

頻脈に悩まされるようになったのは、下の子が幼稚園に入ったころで、今も覚えています。

子供を迎えに行った幼稚園の門のところで、突然激しい動悸が止まらなくなったのです。この発症の仕方を思い出すと、洞性頻脈というより発作性上室性頻拍っぽいですね。

原因は過労だと思います。そのころ、よく風邪を引くようになり、肺炎にもなりました。専業主婦でしたが、体調が悪くても実家に頼ることはできず、夫は当時いたって家庭のことには無頓着、創作も続けており、少しずつ疲労が積もっていった感じでした。

……と、関係のないことを書いてしまいました。要するに何がいいたいかというと、わたしも学校に通っていたころに、病院で処方して貰うべき薬を勝手に買って飲んだりしたことがあったけれど、それは事態を悪化させただけだったということです(そのようなことをしたのはそのときだけです)。

どうしてアマゾンで買おうと思うのですか? 診察代を浮かすため? わたしが調べたところではアマゾンでは買えないみたいですが?

御存じだとは思いますが、リンクフリーのサイト「おくすり110番」のヘルベッサーの解説にリンクを張っておきます。御覧のように、副作用は沢山ありますよ。わたしは飲み始めたころにひどい血圧低下とめまいが起き、今はよく起きる歯肉の腫れに悩まされています。どうか勝手に飲まないで。

それとも、もしかしたら、以下の本をアマゾンで求められていたとか? でも、それだと「アマゾンでヘルベッサーを買うには」という検索ワードにはなりませんよね。

ヘルベッサー文献抄録集 (1970年) -  – 古書
田辺製薬株式会社   (著)

|

2016年8月27日 (土)

高畑淳子さんのブログに応援コメントが沢山……がんばって!

ブックマークしているブログの中で、女優・タレントさんのブログが三つあります。

山口もえちゃん、ともさかりえさん、高畑淳子さんのブログです。

もえちゃんはレギュラー出演だったNHK教育テレビ「イタリア語会話」(娘が視聴していたので一緒に見ていました)以来、りえさんは「ロッカーのハナコさん」以来、高畑さんは編集長役か何かでカッコいいと思い、それ以来のファンで、ブックマークしたブログには気まぐれに訪問させていただいています。

もえちゃんのブログは可愛らしくて癒されます。りえさんのブログはお洒落で、美味しそうなお菓子や料理、可憐な小物などの記事が楽しみです。

高畑さんのブログは有名な女優さんのブログなのに全く気どりがなくて、素顔の感じが意外でもあり、好感の持てるところでもありました。洋服が披露された写真の記事ではさすがは気品のある女優さん、一般人とは着こなしが全然違うと感心していました。

高畑淳子さん、今回の大変な出来事ですが、ファンの一人としてお元気な女優姿をずっと見せ続けてくださることを心から願い、応援しています……!



|

スプレー1~2回、ニトロペン1回

起床後まもなく、胸の圧迫感を覚えたが、朝の薬を服用すれば治まるかもしれないと思った。朝の薬(インデラル、サンリズム、ヘルベッサー、アイトロール、シグマート)を服用。

インデラルは放置すると140くらいになる洞性頻脈の改善、サンリズムは心房細動の予防、冠攣縮性狭心症の予防のために飲んでいるのはヘルベッサー、アイトロール、シグマート。

一旦攣縮が起きてしまうと頓服のニトロでないと治まらないと聞いたが、やはりそうで、圧迫感は全然よくならなかった。結局ミオコールスプレーを使った。最近ひどく低血圧になるので使いたくなかった。

20160827094534a

使いたくないと思いながら噴霧したためか、舌の付け根より下の歯にかかってしまい、もう1回噴霧した。

それでよくなり、家事を始めたけれど、すぐに横になりたくなった。夏バテかもしれない――心臓が――と思いつつ、家事が一段落した後で創作作業に入ろうとしたが、体がつらくて椅子に座っていられなかった。

外出していないのに、サイズの小さな靴を履いて1日中歩き回ったみたいに両足が腫れぼったく、痛い感じがした。

横になってもつらく、わたし用のクッションやら枕やらを重ねて上体を起こして寝たら楽だった。心不全気味のときによく起きる咳、痰もあったが、それほどでもなく、特にどこが痛いといったとこもないままに、その後も体調はパッとせず、のらくら――ひと作業するごとに横になるという風――家事をした。

そして、午後3時くらいだったか4時くらいだったか、正確な時間がどうしても思い出せないのだが、胸のど真ん中に嫌な胸痛が起きた。すぐに治まったものの、これを放置しておくと、冷汗が出るくらいの強い胸痛が起きることがあるので(予防薬を沢山飲むようになってからはそのような強い胸痛はめったに起きなくなった。ありがたや……)、迷わず、ニトロペンを舌下。

20160827165236a

2018年の9月まで持つみたいだ。これを書きながら思い出したが、そろそろトイレに常備しているニトロペンが替えどきかもしれない。

胸の中央を縦断するかのように、涼しさが走り、その涼しさが背中のほうへも回って、胸痛は完全に消滅(血管が開くと、わたしは涼しさとして感じる)。

そのあと、爆睡して数時間寝てしまい、起きたら吐き気がした。血圧が下がりすぎているためだと思う。爆睡もおそらく、そのためだ。だからニトロを使いたくなかったのだった。

ふと時計を見ると5時。慌てて洗濯物を取り込んだ。今日は娘に弁当を頼むことにして心臓の夏バテを癒すことにした。

足の腫れが引いている。咳も痰もなし。ニトロは心不全気味にも効くと思う。専門のサイトにもそのように書かれていた。

昨日からパッとしなかったため、2日間無駄に過ごした。冠攣縮性狭心症の発作が起きると、結局は頓服のニトロを使うことになる。家にいるときは血圧低下を恐れず、やりかけの家事がそのままの状態で数時間経過しても大丈夫かを確認して早めに使うべきかもしれない。

洗濯機が止まって数時間も経つと洗濯物は臭くなるが、これは洗い直せば済むことだ。食器が浸かりっぱなしでも構わない(最近では夫が洗ってくれていることもある)。まずいのは、料理の下ごしらえなんかをしかけたまま、室内に数時間放置の状態など。今ではあまり昼間に下ごしらえをすることはないが、たまにはある。

体調悪くて寝てしまうと、家事が増える。創作関係も滞る。今夜、御遺物メモの続きを書こう。

今月末、中学時代からの女友達と会うことにしていたが、延期して貰って正解だった。暑い間は極力体力を消耗したくない。

|

2016年8月26日 (金)

妹ができました(リヴリー)。来月出る余命さんの新刊。

次の萬子媛ノートをまだアップできないでいます。で、気分転換にリヴリーアイランドへ。そして、2匹目を飼ってしまいました。

過去記事で検討していたこの子です。

2016824e_2

なぜかこの子はワタクシ的に性別がはっきりしていて、女の子だとわかりました。最初の子はわかりませんでしたが、妹ができて男の子だったことがはっきりしたのでした。

最初の子の名はフランス語で男性名詞ですが、女性にも使います。2番目の子にもフランス語で名をつけたいと思ったのですが、それは既につけている人がいて弾かれました。

あれこれ考えて記入しても、なかなかOKが出ませんでした。リヴリーアイランドの歴史と登録者数を考えれば、わかる話です。最初のときにフランス語をカタカナにしてすぐに通ったのがむしろ不思議なくらいではあります。

フランス語の形容詞を日本語に直さずに記入したら、さすがに通りました。

というわけで、一応長男・長女ではありますが、名前からすると、男女どちらにもなれる存在です。

2016825d

妹は兄の部屋で飛んでおります。ホオベニムクチョウはまだいます。

兄の部屋を模様替えして研究室風にしてやったら、メーテルリンクの『蜜蜂の生活』ばりの作品を書こうとしているためか、頭が疲れてすぐに眠くなるようです。

本人が眠っている間、ホオベニムクチョウが知的な顔つきでタイプライターから出ている原稿を読んでいました。このとき、妹は自分の部屋に帰っていました。

2016826b

プリミティブケマリの長女の部屋は、徐々に女の子らしいものにしてあげたい気がします。本人の好みがあるでしょうから、もしかしたら男の子っぽいものになるかもしれませんけれど。

現実にはわたしの子は長女・長男の順だったので、この世界ではそれが逆という面白さがあります。同じアイテムを使っていますが、長男には妹の部屋は新鮮に感じるようですよ。

2016826a

赤い本は今日のログインで貰いました。「おるすばんぬいぐるみ」「ひよこのオーナメント」は以前、交換パークで手に入れたものです。

2016826d

図書室では兄妹寄り添って眠っています。床が白いので、ほとんど見えませんが。やはりここでもホオベニムクチョウが知的な顔つきで、あちらの本棚からこちらの本棚へと、本の背表紙を見て回っています。

『Livly Island』は、GMOゲームポット株式会社の商標です。 『Livly Island』に関わる著作権その他一切の知的財産権は、GMOゲームポット株式会社に属します。このサイトは『Livly Island』およびGMOゲームポット株式会社とは一切関係がありません。  

さてと、記事に戻らなくては。くずくずしていると、すぐに洗濯物をとり込む時間、そして夕飯の支度の時間になってしまいます。焦ると、まとまった文章が書けなくなります。

以前であれば、今頃は某文学賞に応募するために徹夜を繰り返したりしていた時期です。それに関連したことで書きたいことがあるのですが、今はやめておきます。

そういえば、9月上旬に出る余命さんの本は、先鋭的・戦略的な本のようですね。わたしは素人ではありますが、物書きなので、なるべく中立的な立場で観察する人間でありたいと思いつつ動向を見守ってきました。

日本を守りたいという人々の志と危機感が高まっているように思います。敗戦によっても、先祖の方々の魂まで灰燼と化したわけではなかったのだと思わされるものがあります。大和魂は日本人の血の中に生きています。わたしも、元寇からお国を守った男の遠い末裔だと思っています。

チベットはチベット自治区、東トルキスタンは新疆ウイグル自治区、南モンゴルは内モンゴル自治区という植民地と化してしまいました。一旦そうなると、チベットでの僧侶の焼身自殺の例から見てもわかるように、元の状態に戻すことは困難です。

わが国の一部たりとも、そうした国々の二の舞になるわけにはいきません。今、尖閣、沖縄がとても危ない。

反日勢力はまやかしの平和論で日本人を催眠術にかけてきましたが、まともな日本人であれば、もうそれに騙されはしないでしょう。そこまで日本人は馬鹿ではないと信じています。

関連記事:

2016年8月16日 (火)
ついに発言、バイデン米副大統領「私たちが日本の憲法書いた」
http://elder.tea-nifty.com/blog/2016/08/post-f943.html

|

2016年8月24日 (水)

神智学的なメーテルリンクと瀬戸内寂聴『般若心経』の解説動画に関する、ちょっとしたメモ

萬子媛の小説の手直しの合間に読もうと思って、神智学的な作品を書いたメーテルリンクの『限りなく幸福へ』『蜜蜂の生活』『花の知恵』を図書館から借りています。ざっと読み、なるほど、まぎれもなく神智学的な作品だと思いました。

メーテルリンクについては改めて書きたいと考えています。蜜蜂は好きな昆虫なので、何冊か本を読みましたが、『蜜蜂の生活』は凄く面白い。蜜蜂の結婚については詳しくなかったのです。蜜蜂の結婚は恐ろしくもあります。

『限りなく幸福へ』では長々とバルザックの作品『ピエレット』について書かれています。『花の知恵』には思わず抜き書きしたくなる文章があちこちにあります。『青い鳥』しか知らなかったので、驚きです。

今回は借りてきませんでしたが、モーリス・メーテルリンク (山崎剛訳)『死後の存続 』(めるくまーる、2004)はぜひ読みたいと考えています。カトリック教禁書目録に入れられた問題作です。目次は以下。

死に対する不当な扱い
存在の消滅
死後の意識の存続
神智学の仮説
新しい交霊術の仮説・霊たちの出現
死者との対話
クロス交信
再生
意識のたどる道
二つの顔を持つ無限
無限における人間の運命

神智学の影響を受けた作家たちをざっと調べてきましたが、いずれ一冊のKindle本にできればと思っています。当分はリサーチが続きそうですけれど。

萬子媛の小説を手直しする過程で、般若経典が浮かびあがってきました。

で、『般若心経』を覚えるつもりで、覚えるのによそさうな動画を求めてYouTubeに行くと、瀬戸内寂聴の解説動画が出てきました。

過去記事で、 「イエスの教えがユダヤ教の聖書と切り離すことができないように、ゴータマ・ブッダの教えもヒンドゥー教がベースにあるはずで、そこから読み解かなければ、読み誤るのではないかという気がします」と書いたのは、実は瀬戸内寂聴の解説に違和感を覚えたからでした。これについては、次の萬子媛ノートで。

瀬戸内寂聴が文学界に強大な影響力を及ぼしていなければ、解説動画を視聴することもなかったでしょう。以下の過去記事は6年以上前に情報量の少ない中で書いたものですが、瀬戸内寂聴の文学界に及ぼす影響について書いたものです。

上記記事と以下の記事には重なる部分があります。

|

«Kindle版児童小説『すみれ色の帽子』をKENPCでお読みいただき、ありがとうございます! 天体観測(リヴリー)。